サステナビリティ推進体制

グループサステナビリティ委員会

明治ホールディングス(株)代表取締役社長CEOを委員長とする「グループサステナビリティ委員会」を設置し、活動を推進しています。本委員会は年2回開催しており、「明治グループサステナビリティ2026ビジョン」におけるKPIの達成に向けた活動の進捗確認やサステナビリティ活動方針の策定などを行うとともに各事業会社の活動成果を共有し、取締役会へ年2回報告しています。また、明治ホールディングス(株)と事業会社のサステナビリティ担当者からなる事務局会議を設置し、毎月開催。併せて、2019年度からは事務局会議に連携する「グループ環境会議」と同列に「グループ人権会議」と「グループTCFD会議」を設置し、各種具体策を検討する体制強化を図り、気候変動に対するTCFDに沿ったシナリオ分析や人権デュー・ディリジェンスなどの取り組みを開始しました。また、グループ全体のサステナビリティ活動をいっそう加速させるために2019年10月に明治ホールディングス(株)傘下に「サステナビリティ推進部」を設置しました。さらに、2020年6月からはサステナビリティの最高責任者としてCSO(Chief Sustainability Officer)を置き、CSOのもとでグループ全体のサステナビリティ活動を統括し、事業活動とサステナビリティ活動の一体化を進めています。
2021年度からは、これまで年1回実施していた社外有識者ダイアログを進化させ、年2回開催のESGアドバイザリーボードを新設しました。社外有識者から明治グループの取り組みに対してのアドバイスをいただくとともに、CEO、CSOをはじめとする社内メンバーとの意見交換を行い、さらなるサステナビリティ活動の強化につなげていきます。

アドバイザリーボードメンバー
社外有識者
(50音順)
上垣内 猛氏(株式会社 J-オイルミルズ 専務執行役員 油脂事業本部長補佐)
小木曽 麻里氏(SDGインパクトジャパン CoCEO)
ピーターD.ピーダーセン氏(NPO法人NELIS代表理事)
社内メンバー 川村 和夫(代表取締役社長 CEO)
古田 純(取締役専務執行役員 CSO)
松岡 伸次(執行役員 サステナビリティ推進部長)
松本 有平(執行役員 グループ人事戦略部長)
長森 克史(経営企画部長)

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進施策

従業員への浸透施策

従業員が自社のサステナビリティ活動の方針や考え方を理解することが重要であると考えています。国内・海外のグループ報ではサステナビリティページを連載化し、言葉の解説やタイムリーなサステナビリティ活動を取り上げています。これに加え2020年4月からは国内従業員を対象にサステナビリティに関するeラーニングを開始し2カ月に1度のペースで実施しています。また2021年4月からは新グループスローガン「健康にアイデアを」の体現とサステナビリティ活動の理解浸透を目的に、職場単位で「meijiブランド推進リーダー」を設置しました。こうした取り組みを通じて、従業員一人一人が「サステナビリティが当たり前」になるよう目指していきます。

国内版グループ報
海外版グループ報

サステナビリティサイト編集方針

編集方針

明治グループのサステナビリティ活動について、「明治グループサステナビリティ2026ビジョン」に則して、具体的な取り組み内容を随時更新していきます。

対象範囲

対象期間:
データ対象期間は原則として、2020年4月1日~2021年3月31日 としています。活動情報については、直近の内容まで掲載しています。
対象組織:
明治ホールディングス(株)、(株)明治、Meiji Seika ファルマ(株)、KMバイオロジクス(株)、国内・海外グループ会社

参考にしたガイドライン

  • GRI(Global Reporting Intiative)
    「サステナビリティ・レポーティング・スタンダード2016」
  • SASB
  • 環境省
    「環境報告書ガイドライン(2018年版)」

情報更新時期

毎年9月更新

本サステナビリティサイトに関するお問い合わせ先

明治ホールディングス株式会社 サステナビリティ推進部
〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目4番16号
TEL.03-3273-3923
受付時間╱9:00〜17:00(土日祝日を除く)